倉科カナが丸刈りになった理由とは?どうやら歴代の彼氏に原因があったようです!

倉科カナというと、ドラマ・映画・CMに出演する人気女優です。瞳をキラキラと輝かせながら見せる笑顔は優しくて穏やかで素敵ですよね。そんな倉科カナが「丸刈り」なったということなのですが、その理由は何なのでしょうか?

<出典 https://pics.prcm.jp>

そんな丸刈りになった真意について、映画制作段階でのエピソードや歴代の彼氏の情報を確認しながら紐解いてみました。するとそこには、「丸刈り」と「歴代の彼氏」たちの意外な共通点があったのです。

それでは、その内容をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

可愛さ・妖艶さ・おちゃめさを併せ持つ倉科カナ

倉科カナのプロフィールです。

  • 生年月日:1987年12月23日
  • 年齢:29歳
  • 出生地:熊本県熊本市
  • 高校:熊本信愛女学院高等学校
  • 身長:158cm
  • 血液型:O型
  • スリーサイズ:B:89cm W:59cm H:87cm
  • 活動期間:2006年 〜
  • 著名な家族:橘 希(妹)

ネットでもその可愛さが人気の倉科カナですが、女優活動も10年を過ぎ、年齢も重なって人間味ある役者として一皮むけて来ているようでう。

倉科カナの魅力

魅惑的な役柄

女優デビューから10年、多くのドラマや映画、CMで活躍してきますが、その役柄・イメージは次のように様々です。

  • NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』では清楚で可愛いイメージで主演
  • 昨年の月9ドラマ『カインとアベル』では兄弟の間で揺れる「大人の女性」
  • 今年は『奪い愛、冬』で元カレと再会したことから恐怖の泥沼に落ちていくヒロイン

いかがでしょうか。「清楚で可愛い」→「大人の女性」→「泥沼の情愛」といった変化は、まるで普通の女性が年齢とともに経てゆくスタイルそのものとも感じられます。

スポンサーリンク

常に戦う姿を伝えたい

キラキラと輝く瞳がとても印象的な倉科カナ。優しさと可愛さをが伝わてきますが。女優に関する話になると一転、真剣な眼差しで「私はいつも闘っています」と力強い口調で語ります。

様々なジャンルのドラマや・映画では役作りも様々。「清楚で可愛い」→「大人の女性」→「泥沼の情愛」という変化も、多くの戦いとともに作り上げられているのでしょう。そして、仕事や生き方についても強い信念を持っているようで、情報サイト「OLIVER」で次のように語っています。

誰しもうまくいかないことは日々ありますけど、努力したことや誠実にやったプロセスが評価されてると思ったら嬉しい気持ちになれたんです。結果が出なくても落ち込まなくていいんです、頑張ったことはきっと誰かが見てくれているんだと信じます」
(by https://mens.oricon.co.jp/feature/142/3/)

今後の活躍がますます期待されますよね。

丸刈りの理由

そんな素敵な女優 倉科カナですが、ネット上では「倉科カナ 丸刈り」なんて言葉が飛び交い、本当であれば衝撃的ですよね。その理由はというと、それは映画の「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」という作品で天竺を目指す玄奘(げんじょう)役を演じたようです。

お坊さんの役という理由ですので丸刈りはやむを得ないのですが、本当に剃ってしまったのかというと、そんなことはありません。勿論かつらのようですが、その画像がこちら。

<出典http://girlschannel.net>

<出典 https://pics.prcm.jp>

上の2つの写真のギャップが大きすぎるのですが、よくよく見ると倉科カナは丸刈りにしても可愛いですよね。

しかし、可愛い系の倉科カナがなぜこのような丸刈りのオファーをうけたのでしょうか?
倉科カナは映画のオファーを受けた時の様子、及び撮影の時の様子について、exciteニュースで次のように話しています。

最初、事務所の方が珍遊記の台本を恐る恐る私に渡したのをとてもよく覚えています。まあまあ下品なセリフのオンパレードなこの物語。マネージャーさんの心配はよそに、私は『お下劣な….でもどこか胸が熱くなるこの物語に、山口監督、松山さんをはじめとする濃い個性の俳優さん方と一緒なら素直に参加してみたい』と思いました。玄奘を演じ少し時間が経った今、私は..なんてハレンチなセリフを言っていたんだろう?隣には真ッ裸の松山ケンイチさん….それが当り前の現場。やはり凄い作品に参加してしまったなと….思いました
<出典 http://www.excite.co.jp>

何とも思い切った撮影だった様子が目に浮かびますよね。しかし、松山ケンイチという役者も様々な表情を持つ役者の一人ですが、その一つの特徴に「ワイルド」さがあります。松山ケンイチと監督及び原作のワイルドさに影響を受けた作品なのだと思いますが、そんな中で丸刈りの倉科カナもワイルドさを発揮したのではないでしょうか?

そう、そもそも倉科カナは「ワイルド」な存在なんでしょうね。それはこれまでの歴代彼氏を見てみると何となく理解できるのです。

ワイルドな歴代彼氏たち

倉科カナの歴代彼氏というと、次の面々が思い出されます。

  • 濱口優:お笑い芸人
  • 大東俊介:朝ドラ「ウッェルかめ」で共演
  • 濱田岳:映画「みなささん、さようなら」で共演
  • 斉藤和義:CMで共演
  • ・・・・・
  • 竹野内豊:ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」で共演

一部省略しましたが、特徴ある面々ですよね。それに共通する特徴というと、「竹野内豊」、「斉藤和義」、「濱田岳」といった歴代の彼氏にはワイルドさがあるのではないでしょうか。

まとめ

さて、ここまで表情豊かな倉科カナの情報をお伝えしてきましたが、そのポイント次のとおりです。

  • 倉科カナ役者イメージは「清楚で可愛い」→「大人の女性」→「泥沼の情愛」と変化してきた
  • 映画の「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」という作品で僧侶 玄奘(げんじょう)役を演じるという理由で丸刈りになった
  • 歴代彼氏の多彩さやワイルドさと映画での丸刈りチャレンジに共通点がある

普段垣間見ることのできないワイルドな内面が、時とともに変化、表面化し、知らず知らずのうちに歴代の彼氏のような選択をし、丸刈りになるといったようなチャレンジに繋がっているんですかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする