川栄李奈は演技上手でかわいいだけじゃない。ブレイクの真意は?

美形というよりはかわいいタイプ。整った顔立ちにロングヘアーで笑顔が素敵な女性。しかし、その眼差しの奥には、キラリと光る「意思」のようなもを感じます。そう、それが以下の写真の川栄李奈です。「かわえ〜川栄」とでも言うのでしょうか。

<出典元:https://i2.wp.com/>

そんな川栄李奈ですが、元はというとAKB48のメンバーです。2010年にAKB48に入り活躍していましたが、2015年に卒業し、その後女優としての活動をしていました。AKB卒業は少しテレビ出演から遠のいていたような気がしますが、2016年後半から急にテレビドラマやcmへの露出が多くなってきたような気がします。

どうやらかわいくて演技がうまいと、2017年大ブレイクしているようなのですが、その理由は一体何故なのでしょうか?そこで今回は、川栄李奈の大ブレイクの秘密を探って見たのですが、そこにはかわいいだけではない女優としての「覚悟」と「意思」の末に実現した、一皮向け始めた川栄李奈の姿がありました。

スポンサーリンク

かわえ〜だけじゃない川栄李奈のプロフィール

  • 氏名:川栄李奈(カワエイ リナ)(本名)
  • 職業:女優
  • 生年月日:1995年2月12日生まれ
  • 出身:神奈川県出身
  • AKB48経歴:アイドルグループ・AKB48の元メンバーで、第11期生。愛称は“りっちゃん”。2012年5月、AKB48のシングル「真夏のSounds good !」で初選抜入り。2013年、フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』で誕生した新ユニット・BKA48のセンターを務める。2015年8月、AKB48を卒業
  • 女優経歴:NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』、映画『デスノート Light up the NEW world』などに出演。2018年公開の映画『恋のしずく』では、映画初主演を務める。

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で脇役としての演技・存在感が認められ、それ以降数々の映画やドラマ、cmに出演しているようですね。

女優としての成長ぶり

AKB48を卒業以降、多くのドラマや舞台、映画に出演している川栄李奈ですが、2016年にNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演してから女優としての活躍が急激に増えてきたようでう。では、どのようにして「とと姉ちゃん」出演の座を得たのでしょうか?

なんと川栄李奈は「とと姉ちゃん」への出演をオーディションで勝ち取ったようです。主演は高畑充希で、彼女が演じる常子が上京後に出会う仕出屋のひとり娘の役。主役ではありませんが、重要な脇役としての役割を果たし、これを起点としてブレイクしたと言って過言ではありません。

スポンサーリンク

それでは、多くの女優やAKB48卒業生がいる中で、なぜ川栄李奈が「とと姉ちゃん」の役をしとめることができたのか?そこには、AKB48卒業後の所属事務所選びに要因があったようなのです。その真相は、「スクープ!エンタメ芸能のツボサイト:http://enta-tubo.com」で次のように語られています。

「川栄はAKB48卒業にともない、AKSから沢尻エリカらが所属するエイベックス・ヴァンガードに移籍しました。AKBのメンバーは、最初のうちはAKSに所属し、その後はほかの事務所に移籍するというケースが多い。

川栄の事務所移籍についても、2~3年前から各所で話題になっていたんですが、実は当時、太田プロ入りが既定路線だったんです。川栄にとっては、仲の良い横山由依や入山杏奈も所属していることもあり、12年に『指原莉乃 with アンリレ』の一員として活動していた頃から、移籍は間近だと思われていました。しかし、当の川栄本人が太田プロ入りを拒んだと聞いています」

川栄李奈は、通常のAKB48卒業生が選択する道ではなく、独自の道を選んだようですね。そこにはそれなりの覚悟と意思が必要だったのではないでしょうか。なぜならば、他のAKB卒業生が所属する太田プロであれば、「アイドルの延長線」でもてはやされたかもしれないのですが、それを蹴って独自の「女優の道」を選んだのですから。

その覚悟や必死さはテレビcmでの活躍にも現れていますよね。以下の写真は、auの人気CM『三太郎シリーズ』に織姫役で登場する川栄李奈ですが、濱田岳との絶妙なセリフのやり取りは評判となっています。

<出典元:https://rocketnews24.com>

cmでは、濱田岳とピタッとやさしくくっついたり、そうかと思うと「調子に乗んなよ」と突き放してみたりというシーンが繰り広げられますが、このようなシーンは川栄李奈のアドリブが貢献しているとのこと。

まさに有能な役者の予感を漂わせ、今後の活躍が楽しみですよね。月九ドラマに出演しだしたら、いよいよ人気女優街道を突っ走ることになうのではないでしょうか。

川栄李奈の原点

「アイドルの延長線」から「女優の道」へ。その覚悟は次の言葉や行動に現れています。

  • 仕事をよりごのみするのではなく、どんなオファーでも受ける
  • アイドルであった過去を捨て、新人女優としてオーディションに参加
  • 「“元AKB48”というのがなくなって、『この人、AKB48だったんだ?』って思われる人になりたい」

もちろん、かわいさいや演技上手には違いないのですが、それ以上に、「AKB48」、「アイドル」という過去を脱ぎ捨て、そしてその延長にある「楽な未来」すらも選ばなかった川栄李奈。そして、川栄李奈が選んだのは、実力が物を言う女優という仕事であり、そこでもがき、切磋琢磨する姿が業界関係者や視聴者にも届き、大ブレイクをし始めたのだと思います。

まさにこれが女優川栄李奈の原点なのではないでしょうか。

アイドルから女優へと進化した川栄李奈のまとめ

これまで、川栄李奈が2017年に大ブレイクしている真意を調べてきましたが、そのポイントは次の通りでした。

  • 川栄李奈は、ただ演技上手でかわいいだけではなく、「元AKB48」という過去の栄光を捨て「女優になるという覚悟」をもって再出発した
  • どんな仕事にも真摯に取り組む
  • それでも、そもそもかわいく、実は賢い?

まだまだこれから成長してゆく川栄李奈を、あなたも私も見守っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする